「パパ活」あらすじ

【1話】今夜泊まる所がないの

 

母親に恋人ができ、家を追い出された杏里は、誰にも頼ることが出来ず、ネットカフェで寝泊まりしながら大学に通うことに。家を借りるお金もなく途方にくれていると、体の関係なしのデートだけで金銭援助をしてもらえる男女交際「パパ活」を紹介される。最初は消極的だった杏里だが、背に腹はかえられず「パパ活」始める。ある日、ホテルのロビーで待っているとそこに現れたのは、どこか寂しげな雰囲気を持つ航だった・・・。

 

【2話】私はあなたのペット

 

航の部屋に一人で泊まり、久しぶりに安眠することができた杏里。翌朝、大学の講義に出ると新しい先生として航が現れる。先生と生徒だという事を知った杏里は、パパ活が学校にバレたら・・・と焦る。しかし航から、たまたまホテルのロビーに居合わせ、自暴自棄の杏里を放っておけず部屋を貸したと聞き、荷物をとったら出て行くと約束する。そんな航は、親友の芳樹から「お前が壊れているのはいいが、嫁さんまで壊すな」と忠告される。

 

 

【3話】淋しがりやの飼い主

 

たった一人のパパ“オンリー“として、航は杏里を自分の仕事部屋に住まわせる。2人は公園で航お手製のサンドイッチを仲良く食べたりして、本物の親子のような時間を過ごす。杏里の誕生日プレゼントを買いにジュエリーショップを訪れた2人は、そこで、年配の男と買い物に来ていた美月と出会う。美月が航に挨拶をすると、ごまかして逃げるように出て行ってしまった航を見て、杏里は航の嘘に気づく。

 

【4話】恋したら契約違反

 

航の亡くなった実の娘の身代わりとして航に接することを決意した杏里。ある日、一人で部屋にいると、航の妻・菜摘がやってくる。航が離婚を切り出した為、興信所を雇って杏里の存在を知り、確かめにきたのだ。慌てて、亡くなった娘と同じ誕生日で気にかけてもらっているだけで恋愛関係ではないと弁解する杏里に、菜摘は驚くべき告白をする。それを聞いた杏里は・・・。

 

【5話】実の娘の身代わり

 

菜摘の涙の告白を聞いて同情した杏里は、思春期の娘の悪い面も見せることで航の幻想を壊そうとしたが、航の傷ついた顔を見て逆に衝撃を受け、自分も航の事を実際の父親として見ていたのか・・・と思い悩む。確かめる為に起こした行動が元で、杏里は航から部屋を追い出されてしまう。一方、航もまた、菜摘から芳樹との肉体関係を聞かされ、杏里に翻弄されながら、自分と静かに向き合っていたのだった・・・。

 

【6話】パパに抱かれる夜には

 

ついにお互いの恋心に気づき、一夜を共にした航と杏里。しかし、友人達からは単なる不倫ではないかと言われてしまう。一方、航と杏里の関係性の変化を知った菜摘は、ペットならいいがルール違反だと杏里に詰め寄る。菜摘の強く激しい感情に触れた杏里は傷つき、どうしたらいいかわからなくなる。そんな中、杏里に振られて料理に邁進していた実は、芳樹から航に関する重大な秘密を打ち明けられていた・・・。

 

【7話】忍び寄る破局の予感

 

航の亡くなった娘の本当の父親が芳樹だと聞かされた実は、悩んだが我慢できず、杏里にその事を伝える。菜摘が航を騙し続けていることを許せない杏里だが、娘を溺愛して10年もひきずっていた航に言えるはずもなく、一人思い悩んでいた。一方、航は菜摘に離婚届を突きつける。そこへ帰ってきた杏里に、離婚なんて絶対にしないと言い放つ。黙って菜摘の話を聞いていた杏里だが・・・。航と杏里の様子を見た菜摘は徐々に壊れていく・・・。

 

【8話】命短し恋せよ乙女

 

菜摘がマンションから落ちるのを目の前で目撃してしまった杏里。菜摘は即死だった。放心状態の航と連絡がとれなくなり、杏里は心配する実と共に航の部屋に戻ったが、開け放たれた窓に揺れるカーテンを目にして泣き崩れる。菜摘の死に関して、事件性も疑われはじめ、大学内でも様々な噂がささやかれていた。ようやく部屋に戻ってきた航に「ずっと側にいる」という杏里だったが、航は・・・。